ジュニアテニススクール関連情報

HOMEジュニアテニススクールでのびのび教育

最終更新日:2017/11/20

ジュニアテニススクールでのびのび教育

ジュニアテニススクールでのびのび教育

ジュニアテニススクールに通うと、ただ単にテニスが上手くなるだけではなく、情操教育にも役立ちます。体だけではなく、感受性も豊かにしてくれるテニスの醍醐味はジュニアテニススクールに通う事によって味わえます。

ジュニアテニススクールで人気のあるところでは、もちろん子供のスキルが上がるように努力してくれますが、何よりも子供がのびのびとテニスを楽しめるように工夫してくれています。子供がまだ小学生くらいで小さい場合は、ゲーム感覚を取り入れたトレーニングをしているので、習い事というプレッシャーを感じずに、長く続けることができます。工夫はトレーニング内容以外にも、コートのサイズにも表れています。フルサイズのコートだと、小さな子供は反対側にボールを打ち返すのも難しいですが、ジュニアテニススクールでおすすめのところはハーフ、あるいはクオーターサイズのコートでプレイをします。そのため、力のない子供でもラリーが続けやすいのでテニスを楽しく感じることができます。

しかし、ジュニアテニススクールは費用面の問題から継続的に通わせるのに二の足を踏む方もいるでしょう。そういう時は、短期の集中教室を活用することをおすすめします。夏季休暇のような長期の休みを利用して、数日ほどのごく短期間にレッスンを開いているテニススクールがあります。そこではラケットの振り方といった初歩的なところから教えてもらえるので、テニスについて全く知らない子供でも短期間でテニスに慣れ親しむことができます。

長期のスクールにしろ、短期のスクールにしろ、そこにいるのは同年代であるけれどクラスや学校は違う子供たちです。普段は顔を合わさない子供と汗を流すのは、心の成長という観点でもとてもいい影響を与えます。会話の糸口は、共通の趣味のテニスがありますから、口下手な子でも知らない子供と話せるはずです。

熱血指導をしているテニススクールもありますが、ほとんどのスクールでは、まずテニスの楽しさを知ってもらおうというのがコンセプトになっています。もしテニスを通じて人間的に成長して欲しいと考えているなら、まずは体験レッスンに行ってみるのも一つの手です。体験レッスン時はラケットやウェアもレンタルできるので、わざわざ買い揃える必要はありません。テニススクールに通えるのは、場所にもよりますが、大体3歳からです。ジュニアテニススクールは年齢制限があってないようなものなので、まずは第一歩としてスクールに行ってみましょう。

一覧はこちら

ジュニアテニススクールランキング

TOP