ジュニアテニススクール関連情報

HOMEテニス技術以外に学べること、育つこと

最終更新日:2017/11/20

テニス技術以外に学べること、育つこと

テニス技術以外に学べること、育つこと

ジュニアテニススクールでは、プロ選手になるために努力をしている子もいますが、スクールに通わせている親は、それ以外に精神面で成長して欲しいと願っているケースが多いです。ここでは、テニスを通じて子供の成長にどんな影響があるのか見ていきます。

ジュニアテニススクールでは、子供の年齢や体格に応じて、18級から1級まで細かくクラスを分けているところがあります。18級から14級は小学校に入る前くらいの子供が対象です。肉体面では、遊びやトレーニング中心が主体ですが、それ以外にも、挨拶や人の話を聞く姿勢などもコーチが指導してくれます。14級から9級は、小学生が対象です。ここではラケットを構えて足運びやフォームを学びます。心の教育は14級以下の時と同じく、基本的な行儀を学びます。9級から5級になると、基礎体力を上げる運動をしつつ、人として最低限のマナーを教えてもらえます。5級から1級では、実際のテニスプレイが上達するようなトレーニングが受けられます。1級以上になると大会出場も視野に入ってくるので、それに伴ってスポーツマンシップも重要になってきます。そのため精神面でもより丁寧な指導をしてくれます。

このように、一例としてとあるジュニアテニススクールを挙げました。試合や勝負では勝たなければ面白くありませんが、それだけを追求すると勝ち負けばかりにこだわってしまいます。きちんとしたスクールでは、勝ち負けよりも、ひとつのことをやり抜く力を身につける教育を優先しています。社会に出ると、いろいろな困難に直面することがあります。その時に、すぐ諦めてしまうと、次のステップに進めるチャンスを自分から手放すことにもなりかねません。そして、こういう精神的な訓練は大人になってからやろうとしても、時間の問題から難しいことが多いです。

テニススクールでは、将来のことも見据えた、さまざまなトレーニングがごく自然なかたちで行えます。テニスをすれば、体を鍛えつつ挫折を乗り越える方法や、大事な局面で緊張しないように心をセルフコントロールする術も自然と身につくようになるでしょう。

ジュニアテニススクールは、下は小学生から上は高校生まで年代も学校も違う子供たちが集まる場所です。そういった環境で揉まれていると、普通に学校に通っているだけでは得られない経験を積んでいけます。数ある習い事のなかで、ジュニアのテニスのスクールは費用もお手頃で始めやすいのでおすすめです。

一覧はこちら

ジュニアテニススクールランキング

TOP