ジュニアテニススクール関連情報

HOMEテニススクールを始めるきっかけ

最終更新日:2017/11/20

テニススクールを始めるきっかけ

テニススクールを始めるきっかけ

テニスを始めるきっかけは人それぞれです。子供の時に自然と興味を覚えた人もいれば、親に言われて何となく始めたという人もいます。ただ親御さんとしては、ひとつくらい習い事をさせてみたいと考えるかも知れません。このコラムでは、自主的に興味を持って長続きしたケースと、親が勧めて上手く行ったケースの2パターンを紹介します。

子供、特に幼稚園や小学校低学年の頃は、好奇心旺盛な時期なので、テレビでプロ選手が話題になっている、あるいは近所に住んでいる年上の子がテニスをやっていた等、そういった物事に偶然触れると、ある日突然「やりたい!」と言い出すかも知れません。こういう場合、テニスを習わせたい親としては都合がいいのですが、小さな子供は何にでも興味を示しますが、興味が冷めるのも早いです。ここでテニススクール選びを間違えてしまうと、せっかくのチャンスが無駄になります。

小学生から始めて中学高校と、長い間テニスを続けている子供には共通点があります。それが、段階的にテニスのスキルを教えてくれるスクールに通っていた、というものです。テニススクールがレッスンを受講している子供をどう考えているのかは、レッスン内容を見ればおおよそ検討がつきます。良いテニススクールであれば、幼稚園児向け、小学校低学年向け、高学年向けといったように、その子の年齢と体格を吟味した上でレッスンを始めてくれます。初心者でなおかつ小さな子供だと、スクールでは基礎体力やラケットの素振りがメインになりますが、それだとすぐに飽きが来てしまいます。きちんとしたテニススクールなら、やわらかいボールを使って試合形式の練習も取り入れているので興味も長続きします。

一方、親の勧めがきっかけでスクール通いを始めた場合ですが、親の視線に立つと料金面や有名なコーチの有無など、そういった点に目が行きがちです。いくら指導歴が長い人だと合う、合わないがあります。特に低年齢層のコースというのは、大きなスクールでもコーチがほとんどいないこともあります。それだとコーチを選ぶというのも難しくなります。
こういう場合は、体験レッスンを行っているスクールをいくつか回ることがおすすめです。体験レッスンなら実際にコーチの雰囲気を観察し、子供が嫌がっていないか等も合わせてチェックできるので、スクールの表向きのブランドイメージに惑わされずに、子供に合ったスクールを選べます。

テニススクールを始めるきっかけは大きく分けて以上の2種類がありますが、1年、2年と子供が続けていくかどうかは、スクールとの相性にかかっています。

一覧はこちら

ジュニアテニススクールランキング

TOP